海外航空券で一人旅微笑みの国に行きました

###Site Name###

昔から、バックパッカーというのにあこがれており、大学を卒業してある会社に就職した後も、そういう「期限を切らない旅行」をしたいと思っていました。

そんなとき、海外航空券というものを見つけました。かなりスケジュールが限定されていたり、トランジットが長かったりということはありますが、一般のツアーに参加したり、まともに航空チケットを予約するよりもかなり手ごろな価格で海外に渡航できます。



私は、会社に頼み込んで連休を年休でくっつけ、格安の海外航空券で一人でタイに行くことにしたのです。



タイは、私にとってあこがれの国でした。


急成長を遂げた国、太陽の輝く微笑の国、タイに行って帰ってこなくなった日本人の話を聞いたこともありましたし、一年のほとんどをタイで過ごして、一定の期間だけ日本に帰ってきてお金を稼いでは、またタイに舞い戻る日本人のことも聞いていました。私はその日本人を惹きつけて離さなくなる国を、自分のペースで隅々まで見て回りました。
一人だったのでかえっていろいろな冒険もできましたし、行きたいところにいけたと思います。
ジム・トンプソンの家などは、非常に惹きつけらるものがありましたし、新宿が引っ越してきたようなスクンビット・ソイは、異次元の日本に来たような不思議な感覚に襲われました。



パック旅行では絶対に泊まることがないような安宿で虫に刺されたのもいい思い出です。

思い切って海外航空券を買い、日本を飛び出してみて本当によかったと思います。