保育士を募集している保育園が沢山ある

最近では特に都市部を中心として夫婦共働きの家庭が増えていることもあり、子どもを保育園に預けて会社に行く母親が増えています。


このことは女性の社会進出を表すことなのでとても良いことではあるのですが、都市部の家賃はとても高いので夫婦で働かなければ生活して行けないと言った側面も持っています。

ただ理由はどうであれ女性が結婚して子どもを産んでも会社を辞めることなく仕事を続けることは、一昔前はあまりなかったことです。



それを考えれば日本も段々と変わったと言うことが出来ますが、問題は子どもを預ける保育園の数が足りないということです。



その理由としては保育士の数が足りないことが挙げられますが、折角保育園はあっても保育士の数が足りないために子どもを受け入れることが出来ないところが沢山あるのです。
保育園の中には保育士の募集を積極的に行っているところも沢山ありますが、それに応えてくれる人はあまりいないです。


その大きな理由は保育士の給料が安いことにあり、そのためにいくら募集をしても保育士が集まらないのです。
生活して行くためにはある程度の収入が必要となるので、好きと言うだけでその仕事をすることは出来ないです。

そのため保育士の仕事をしたくても給料が安いために、他の業種で働かざるを得ない人も沢山いるのです。


ですから保育士の給料を上げない限りは、いくら保育士の募集をしてもそれに応えてくれる人の数は増えることはないです。



このことをよく考えて、国は抜本的な対策を取る必要があります。